スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

借金生活の行方

全く前回と同じ内容ですが、困っている人に見て頂きたく更新します。


はじめまして。

私はこのブログを通じてお金を貸しいれて大変な生活をしている人の少しでも支えになればと思い、このブログを開設しました。

時間がない方は「はっきりいって、ここから読んでもらってもかまいませんw」と大きく赤字で書いてある部分からでも結構ですので。

・・・と言うのは、私もつい最近まで借金生活をしておりました。

私は8年超の間この事を悩んで生活をしていました。借用した当初は数万程度の額でしたが、月日が経つに連れて膨大に膨れ上がっていく借金に

「このままではまずい。」

と恐ろしさを感じ様々な行動に移しました。

まず、私は似たような境遇の知人と話し合いお互いの持っている情報や知識を出し合いました。

以前から言葉だけは聞いた事のある

「過払い金」

に注目しました。

ですが、色々情報の探してる内にそんな簡単な事ではないと感じられました。

そこで、同じような悩みを相談できる場所がある事を知り

市で運営している生活相談所「消費者生活センター(宇都宮)」に行きました。(どの地域でも市で運営している場所があると思います。)

そこで頂いた書類と記入した書類等を紹介します。(プライベートな部分は塗りつぶしてあります。)

0 01 02 03 04
1 2 3 4 5 6 7

こんな感じで書類を頂き記入しました。

方法としては5年以上(年月が少なくても減額できるので今は過払い金請求が良いみたいです)借りている方は「過払い金請求」がやはり一番最善な方法らしく、消費者センターの方で私に見合った弁護士を紹介して頂き、相談日を決定して下さいと言われて消費者センターを後にしました。

…後日、弁護士さんの法律事務所に訪れてみました。


法律事務所の事務員さんに応接室に通されて待つ事10分…

弁護士さんが登場。


色々要点を聞き、頼もうと思ってはいたのですが、弁護士さんの態度はもはや上から目線…

「君達の相手している暇などないのだよ。」とでも言いたそうな態度(あくまで私が思ってしまっただけですが…)


そして決定打がその料金体制…

着手金(取り掛かる為に必要な金銭) 一社 40000
私の場合 40000×2=80000円

報酬金 減額できた場合10% 過払い金発生時20
例 
500000万から400000万まで減額できた場合は差額の100000万の10%で10000円(たしかこんな感じです。)


「は?」

「借金で苦しんでるのにこんなにかかるんじゃ元も子もないじゃん…」

過払い金が出るならまだしも出なかった場合は最悪ですね…

そして絶望感を感じながら、法律事務所を後にしました。


その後、消費者センターの方から連絡が入り

センターの担当者「どうでした?法律事務所に頼めましたか?」

私「いえ。ちょっと頼むにしては料金がきついです。」

センター「そうですか…。また紹介しますのでご連絡下さいね。」


そんなやりとりをしましたが、もはや電話や来所する気にもなれませんでした。


もう自分でやるしかない!!!

ダメもとで過払い金請求する決意を決めました。


はっきりいって、ここから読んでもらってもかまいませんw

借金脱出の大まかな流れを説明します。

大まかに3つです。

1 取引明細請求

これがないと始まりません。

借りている(又は借りていた)消費者金融に電話して今までの取引履歴を取り寄せる。

ここで注意点があって

消費者金融担当「明細を請求する理由を教えてください。」とまず言われます。

私の場合は「物を購入したんですが、それの購入日をわすれてしまったので。」

でした。

ここで「過払い金請求するため」とは言わないほうが良いと思います。対応の仕方が変わりかねないのでw

明細書請求をして約10営業日以内に手元に届くと思います。

2 利息計算

一番の問題はここでしょう。私も自分と知人で計算をしてみましたが計算方法がおかしくなります。

・消費者金融によって計算方法が微妙に違う。

計算違いでトラブルの原因になりかねないと言う事です。

そこで私がとった行動は業者の方に頼みましたwww

計算代行.com

YAHOOで「利息計算」で出てきたので、半信半疑でしたが頼んでみました。

私の場合結構、信じない性格なのでTOPページや広告を含む全ページを確認してから、ご注文フォームへ行きましたw
計算代行.com
とこんな感じで記入して送信。

その日にメールにて連絡を受けました。
計算代行メール

ここを選んだ理由として他に検索した所より一番安くできたからですw借金しているんだからお金はありませんし…

早速、郵送して2日か3日後に連絡が入り「計算が終了しました。2社とも過払い金発生しています。」との事。

「おおおおおぉぉぉ!よかった!」

すぐに料金を支払い郵送して頂きました。

私の場合の料金

7年の取引明細1つ 3150円
8年の取引明細1つ 3150円
過払い金が発生2社 1000円×2
郵送料         390円
----------------------------
合計         8690円

でした。

過払い金は2社で50万近く出ていました;;

これで書類は完璧にそろいました。

3 過払い金請求

まず、私は消費者金融に電話をしてみました。

「過払い金による請求をしたいんですけど。」

担当の方に電話を転送するとの事で担当者と話し合い。

計算書を指定先に送付してくれとの事。

送付し、しばらくした後に電話がきました。

担当者の言い分は「こちらで計算してみた所、誤差はありませんでした。請求額の70%で和解できませんか?」との事。

なんで100%じゃなく70%なんだよ!!!!!と腹をたてた私は

私「こちらは法律に基づいた計算をしているのに70%はないでしょう」

と言い分をいいました。

担当者「ではお話はここまでですね。」

ま・・・・・じ・・・・・か・・・・・

流石担当者と言った所でしょうか。話にならないなら訴訟でも起こしてくれとw

と言ったような話合いだったのですが80%までつりあげてなんとか和解に持ち込みました。

まぁ正直借金を無くすのが先決でしたので、良しとしました。少し悔しいですがねw

その後、同意のもとでの過払い金請求書が自宅に届きました。

記入をして指定先に送付し

約1~2ヶ月後でしょうか、無事に入金されましたヽ(*⌒∇⌒*)ノ

とこんな感じで借金はおろか、過払い金まで手に入れられました。

1 取引明細書を送ってもらう。

2 利息計算をする
専門家ではない場合は頼んだほうが無難でしょう。
計算代行.com

3 過払い金請求をする。
和解で持ち込む為には100%はきついかもしれません。80~90%を目安に話を上手くもっていきましょう。


なんでもっと早くやらなかったのだろうと正直後悔しましたが、色々大変そうだと思った先入観をなくせば簡単な事でした。良い勉強にもなりました。

一番気になっていたのは「ブラックに載るんじゃないか」「名義に傷がつくのか」っていう部分

最後に消費者金融にぶっちゃけて聞いてみたところ、そのような事故的扱いはしません、との事で、翌々考えてみると間違った請求してないしなぁwと思いました。


借金の辛さは私も身をもってわかります。

借金により人生が変わった1人として

このブログを通じて少しでも気を楽にしてもらえると幸いです。

借金がある方はこの方法をやって頂けると本当に楽にはなると思うので是非実践して頂き、本来の生活をして頂けたらと心から思います。実際やってみて下さい!
弁護士さんに頼まずとも、上記の通りやれば自分でも簡単にできますので。
スポンサーサイト

テーマ : 過払い金を取り戻そう!
ジャンル : ファイナンス

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

きんぱる

Author:きんぱる
借金と約8年間付き合っていました。
借金のある人の助けになればと思いブログ開設しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。